雨の日の引越し

引越しガイドライン

雨の日に判る引越し作業員の良し悪し

引越し作業は、晴れでも雨でも天候に関係なく行われます。
業者は、所有するトラックや作業員が遊ばない様にキャパシティ限界まで引越しの予定を組んでいるので、雨や雪などの悪天候だからと言って簡単に日程の変更が出来ず、予定通り作業が行われます。
大型の家具や大型の家電は、保護材や毛布などを巻いた上から布団を腹巻きの様にしたパットを被せて、幅の広いロープで固定して運ぶので悪天候でも心配無用です。
室内灯やレンジなどの小型家電は、エアーキャップと呼ばれるビニール製の緩衝材で梱包するので安心ですが、本や食器などの比較的重い物を詰めた段ボールが大きな問題です。
段ボールは、性質上湿気や水分を吸収易く、吸収すると著しく強度がおちます。
その為、積み重ねた段ボールが潰れトラックの荷質で荷崩れを起こしたり、作業員の運搬中に段ボール箱の底が抜けたりして、大きな破損につながるケースがあります。
良い作業員は、トラックの荷室の入口にタオルを敷いて靴の水分を拭き取り、荷室内部が濡れたり湿気を帯びない様に配慮します。
又、段ボールにビニールやタオルかけて運ぶなどの配慮を行います。

引越しの雨はお客様も業者も避けたい日

引越しの日の雨は、家具や電化製品が濡れる心配や視界が悪くなるので荷物が運びにくい事、天候で交通渋滞が起こるかもしれないという難点から、お客様にとっても引越し業者でも雨の日は避けたいです。
両者の気持ちを考えると別の日に変更したらと思いますが、自然災害がない限り雨天決行が義務であり、簡単には変更できないようになっています。
もしどうしても延期をしたいと申し出た場合は、私たち「客側の都合で引越しの延期や中止を申出る」という形になり、業者にキャンセル料を支払わなければなりません。
キャンセル料を支払いたくないなら我慢して天候が悪い中、荷運びをするしかありません。
どうしても天候の悪い日にするのは嫌な時は、前もって週間天気予報を随時見ておき、予定日の2日前までにキャンセルをすると料金も発生せずに変更できます。
また当日に土砂降りで運ぶのも危険な場合は業者に相談すると乗ってくれるかもしれませんので、ダメ元でも電話する方が良いです。

pickup

オール電化を激安で購入
http://www.yhome.co.jp/

Last update:2017/1/4