日程の選び方

引越しガイドライン

引越しが決まったら、日程を決めなくては!

新たに住む場所が決まったら?次は引越しの日程を調整します。
引越しが決まったら、あとは荷物をまとめたり、大掃除して綺麗にする事です。
常に日頃から家を綺麗にする習慣がないと、準備する時が大変ですから、段ボールを前持ってお客自身で作ってまとめて置く事も重要で、割れものだったり、貴重品などを分けていれます。
家を変わることは、前の家には次に新しい人が入ってくると想定しておいて、綺麗にして明け渡すという意識が必要です。
次に住む家が決まっていたら、引越した後の事も考えて行動する事が望ましいです。
持ち込むもの、新たに購入する物の置き場所も考えて、業者任せにせずに自分でできる事も計画しておきます。
日程的には早い時期に移る方がいいです。
特に入学式などで学生の移動が多い春よりも、比較的に空いている日に行動する方が効率よく動けます。
家を変える事は相当体力を消耗します。
荷物を運ぶ事まで手伝うと、体もあちこち痛みが出て来やすいです。

賢い引越しの日程の選び方

引越しの日程は移動距離で変わってきますが、一般的には午前中で搬出作業と搬入作業を行い半日で終了するのが1番多い形です。
引越しに慣れた方や賢い方は、終了時間が遅くなるデメリットがありますが、午後から搬出作業と搬入作業をして、大幅に値引きをして貰い料金を節約しています。
又、仏滅の午後からは日柄が大安に変わるので、敢えて仏滅の午後から引越しを行い料金を節約する方もいます。
中距離移動の場合は、午前中に搬出作業を行い午後から搬入作業を行うのが一般的な形ですが、中には午後から搬入作業を行い次の日に搬入作業を行う形もあります。
長距離移動の場合は、荷量により大きく日程が異なってきます。
荷量が少ない場合は、業者によっては混載を行うので、搬出時間も午前午後の決まりも無く、荷物の到着日も搬出日の次の日で無く数日後になる形もあります。
基本的には、午前もしくは午後に搬出を行い、次の日に搬入を行います。
離島や貨物列車を使用する場合は、搬出作業を行い数日後に搬入作業を行うのが一般的です。